履歴書の送り方

転職の履歴書の送り方についてであるのですが、面接を受ける前には履歴書を送ってから書類選考に通った人が面接を受けることが出来るというのが流れになっているのですが、送り方にもルールなどがあるのです。


転職を考えている人は、きちんとした送り方をしなければ面接にまで残ることが出来なくなるのです。


転職希望者を受け入れる側である会社としては、履歴書を見て書類選考をすることで面接に残れる人数を絞っていくことになりますから、いかに面接までに少人数に減らすのかということがポイントになると感じます。


転職の人事担当者は送り方のマナーがなっていない人や、履歴書の書き方がきちんとできていない人というのは容赦なく面接にまで残さないように書類選考で落とす可能性があるので、書類選考で落とされることがありませんように、しっかりと履歴書を送ることが大切であるのです。


では、どうすればいいのだと感じますか?


転職での履歴書の送り方のポイントとしては、まずは添え状を必ず同封したうえで送るようにします。


そして封筒であるのですが、どのような封筒に入れて送ってもいいというわけではありません。


大きすぎても小さすぎてもいけませんから、きちんと履歴書に合うサイズに入れて送らなければいけません。


そのた転職で履歴書を送るときには、担当する部署名をしっかりとわかりやすく書き、差出人の名前もきちんと書いて転職のための履歴書が入っていることがわかるようにしなければいけません。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27261081
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック